いくらかかるん?


 介護認定を受けている方でしたら、要介護等状態区分にかかわらず住宅改修費の支給限度基準額は20万円で、改修費の9割が保険で支給され、残りの1割については自己負担となります。つまり、改修に要した改修費用が20万円の場合、18万円(20万円の9割分)が保険で支給され、2万円(20万円の1割分)が自己負担額ということになります。


住宅改修費が20万円の場合



また、住宅改修費が20万円を超えた場合は、20万円の1割分(2万円)と20万円を超えた部分の費用が自己負担となります。

住宅改修費が20万円を超えた場合



住宅改修の先頭へ